メンバーログインはこちらから

LOG IN

インフォメーション詳細記事一覧へ戻る

2012/04/16
新電子証明書(セコム・パスポート)のよくあるお問合せ

日頃より「新電子証明書」に関するお問い合わせから、特に多いものを御案内致します。

 

 

Q.電子証明書の利用ツールには、「通常フォルダ利用タイプ」と
「セキュアフォルダ利用タイプ」がありますが、どちらを利用すべきでしょうか?

 


A.弊社2in1ソフトでは、どちらのツールをご利用になっても電子署名をすることができます。
どちらを利用すべきかはお答え出来ませんので、判断できない場合には、
セコムトラストシステムズ(株)司法書士電子証明書ヘルプデスクにお問い合わせください。

 

 


Q.「通常フォルダ利用タイプ」と「セキュアフォルダ利用タイプ」の違いは何でしょうか?

 


A.(以下、「司法書士電子証明書サービスホームページ」から抜粋)

「通常フォルダ利用タイプ」は、電子証明書を任意のフォルダにダウンロードし、
電子証明書の表示、PIN変更が行えるツールです。

「セキュアフォルダ利用タイプ」は、電子証明書をUSBメモリにダウンロードし、
専用の管理者権限(gidtoolアカウント)をWindowsに新規に作成してパソコン内に
セキュアフォルダを作成し、セキュアフォルダ内で安全に電子証明書を管理することで、
電子申請時に電子証明書を安全に利用することを目的としています。

 

 


Q.電子証明書をダウンロードしましたが、2in1ソフト上で電子署名をするために、
設定は必要ですか?

 


A.署名する際に証明書の種類を司法書士ICカードから電子証明書を選択することで
切り替えることが出来ます。詳しくは下のPDFファイルをご参照ください。

 

dlbt13.gif

ページトップへ