法務省 登記・供託オンライン申請システムの改正に伴うバージョンアップについて

不動産登記申請システム , 表示登記申請システム , 商業登記申請システム , 成年後見総合システム , 動産・債権譲渡システム , 供託システム

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
令和3年2月15日より、法務省 登記・供託オンライン申請システムに新機能の追加と通信方式が変更されます。
法務省のバージョンアップに伴い、弊社システムも令和3年2月15日(月)にバージョンアップを行う予定です。

令和3年2月15日以降のオンライン申請や処理状況更新は2in1 Winシステムを最新版にしてから行ってください。

また、従来のバージョンのままでオンライン申請を起動すると、以下のエラーが発生します。
『要求は中止されました SSL/TLSのセキュリティで保護されているチャネルを作成できませんでした。』

以下、対応によってご不便をおかけする場面も発生するとは存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2in1 Win関連システム 最新版リリース予定
2月15日(月)8:30~
不動産システム | 成年後見システム | 動産・債権譲渡システム | 供託システム
2月15日(月)9:15~
商業システム

オンライン申請を行う場合には、当日までに最新版への更新をお願いします。※最新版の更新には、年間保守の契約が必要です。

バージョンアップ後の操作について
不動産
前日までの申請書を上書きする必要はありません。
商業
前日までに申請書を作成している場合は、再度、商業システムのオンライン申請ボタンをクリックして、オンライン申請書を上書きする必要がございます。
法務省 登記・供託オンライン申請システムの主な改正点
  1. 定款認証と法人設立登記の同時申請に対応 【商業システム対応版】
    定款認証の嘱託と法人設立登記の申請を一度の操作で行うことができます。
    一定の条件を満たせば、24時間以内に処理を完了することが可能となります。
  2. 商業登記電子証明書のオンライン請求が可能 【商業システム対応版】
    商業登記電子証明書の利便性向上のため、同証明書をオンライン請求するが可能となります。
  3. マイナポータルと連携
    法人設立登記と定款認証手続を含めた、法人の設立関係手続のワンストップ化を実現するため、
    マイナポータル(法人設立ワンストップサービス)と連携します。
  4. 添付可能な図面情報ファイルが増加 【不動産システム対応版】
    1申請当たりに添付することが可能な図面情報ファイルが拡大されます。
    (現行)100ファイル ➝ 1500ファイル ※署名情報ファイル、その他ファイルを含めます
令和3年2月15日は、オンライン申請を正常に行えない可能性がございますので、
お手数ですが、万一に備えて書面申請の準備をしていただきます様、お願い申し上げます。

また、お電話の問い合わせに関しまして平常通りに行えない場合もございますので、ご配慮の程、宜しくお願い致します。