戸籍請求管理

戸籍や残高証明書等の請求に掛かったお金をまとめて管理し、相続財産の名義変更・処分等の進捗管理、および財産配分案の計算まで行います。

戸籍請求管理機能

(画像クリックで大きくなります。)

相続人等ごとに、戸籍謄本や印鑑証明書等の公的書類の取得の有無、かかった金額等を管理する画面です。請求日・取得日の入力状況によって、取得状況を色分け表示し、ひと目で請求状況が把握できます。

 
戸籍の管理・チェック機能

(画像クリックで大きくなります。)

戸籍に入った日と戸籍から出た日を入力していくだけで、何歳までさかのぼれているか、途中抜けている期間がないか、等を色分け表示で瞬時に判断可能。同じ日付は自動転記で入力作業省力化。

 
新旧地名変換エンジン

被相続人の戸籍を遡っていく過程や、相続未登記土地の登記簿に頻出する古い地名を瞬時に変換!明治時代の古い地名(本籍・住所)からでも、現在の管轄役所を探せます!

市町村合併などで変わってしまった古い地名から現在の管轄役所を特定するのは非常に大変な作業ですが、新旧地名変換エンジンでは、明治時代の古い地名を現在の住所に瞬時に変換し、戸籍等請求先の管轄役所をすぐに特定! 現在の管轄役所が分かったら、そのままタックシールで宛名を印刷して、簡単に戸籍を取り寄せることができます!

  1. 住所の一部だけでも検索可能です。
  2. 候補一覧を表示。現在は使われていない地名の場合は(廃)がつきます。
  3. 管轄役所を瞬時に表示します。
  4. 戸籍請求センタ-を用意している自治体の場合は、その旨も表示されます。
自動判定でひとつの役所に絞れなかった時は?

万が一自動判定でひとつの役所に絞れなかった時でも、候補として絞り込まれた役所の電話番号が表示されるので、候補の役所に確認をとり、該当の役所にチェックをして決定ボタンを押すだけ。あちこちの役所に推測で連絡を取る必要はありません!