スーパー登記情報

都度請求でも、大量請求でも、使いたい時に使いたい分だけ不動産登記情報を自動で解析・データ化!
現在事項を解析してデータ化するので、審査資料作成の時間を大きく削減できます!
不動産システムには標準装備となっています。

システム概要 ※2020年度に単体版でのリリースを予定しています。現在は不動産システムの機能としてご提供中です。

不動産登記情報を自動で解析・データ化!登記簿形式での一覧表示にとにかくこだわりました!

登記簿形式での一覧表示

クリックで大きくなります
  1. 検索条件ごとにタブを作成します。
  2. PDFを開かずに一括印刷が可能です。
  3. 表形式のままExcel出力が可能!登記申請書作成の基礎資料として、
       不動産売買決済の立会時のチェックシートとして活用できます。
  4. 農地の場合は朱色で表示します。
  5. 取得日現在の所有権登記名義人です。共有者4人以上の場合、
       Excelに持分計算シートを作成します。
  6. 仮登記・民事執行や民事保全等、注意を要する登記と順位を表示します。
  7. 抵当権・根抵当権・地上権等よくある登記を表示します。
       (抹消された担保権等は除く)
 
そのままの形でExcelに出力!
条件検索…どの条件で検索したか
検索結果…画面と同じく見やすい表形式
所有者(所有権登記名義人の氏名を指定して検索した場合に作成されます)
不動産特定事項として地番・家屋番号
管轄登記所の表示と当該登記所のオンライン指定日
所有権を取得した際の受付年月日・受付番号及び登記の目的
所有者の氏名・住所・持分
識別情報か登記済証かの記載
共担…登記簿の共担表示と同じ形式で表示
信託…信託の内容を表示
持分詳細…共有者4人以上の場合に作成
 
画面構成

クリックで大きくなります

解析したデータは、画面上もExcelも登記簿の形式で表示!だから権利関係が一目で把握できます!共有者が多いほど、物件数が多いほど威力を発揮。出力した帳票は、不動産決済の立会い等、様々な用途に活用できます。

  1. 差押、仮登記などの場合、画像のように表示して注意喚起を行います。
  2. 地目が「田」「畑」の場合は朱色で注意喚起します。
 
使いたい時に、使いたい分だけ。

1件でも、1,000件でも、10万件でも。登記情報提供サービスに不動産登記情報を請求し、取得した登記情報をシステムが自動で解析。システムをご導入頂いた後は、使った分だけの従量課金制となり、高額な初期投資は必要ありません。
1件あたりワンコインでご利用頂けます。

※一般財団法人 民事法務協会による登記情報提供サービス利用料¥334と弊社システムによる解析料¥150(税抜)の合算
 
複数端末にインストール可能です。

アカウントがあれば、端末を選ばずに利用可能。端末ごとにログイン用のアカウントが発行されますので、どの端末からでもご利用可能です。同一のデータベース、フォルダを参照可能な環境であれば、社内のどの端末でも請求・取得した情報を共有して、利用することが可能です。

 
そのままの形で、データ化。

スーパー登記情報で取得した登記情報は、そのままの形で保存し、甲区・乙区(現在事項のみを判別)・共担情報をDB化します。

登記情報請求及びお知らせ機能

登記情報を大量に請求する場合には、請求物件の一覧データを作成しておき取り込みを開始すると登記情報提供サービスが稼働している時間内であれば請求を行います。取得完了した際にはメールでお知らせを受け取ることが出来ますので、請求中は離席して他の作業を行うことも可能です。

登記情報以外の図面なども請求可能

登記情報以外の地図情報や図面情報も請求可能です。取得済の登記情報ファイルは解析後、印刷可能です。

絞り込み検索で必要な情報をピックアップ

共担番号や所有者氏名で検索することが可能です。検索条件は日付、所在、地番・家屋番号などの表題部は勿論、登記の目的、受付年月日、受付番号など様々な条件で検索が可能です。

検索条件
取得日
共担番号
所在
地番・家屋番号
甲区所有者情報
不動産番号
受付年月日
受付番号
原因日付
原因
名義人
債権額
極度額