お知らせ

【重要】平成30年3月12日(月)以降に商業・法人登記の申請を行う場合

申請書に法人名のフリガナを記載する必要があります。
詳しい内容は以下のリンクを参照下さい。
平成30年3月9日(金)午後10時以降、一部機能改修のため法務省「申請用総合ソフト」のバージョンアップが行われます(5.0A→5.1A)。

■登記・供託オンライン申請システムのお知らせ
http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/information/info_201802.html#HI201802223989

■法務省のお知らせ「商業・法人登記申請書に法人名のフリガナ欄を追加します」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00109.html

■内閣官房・法務省・国税庁からのお知らせ「法人名のフリガナの記載・公表が始まります」
http://www.moj.go.jp/content/001246844.pdf

これに伴い,3月9日(金) 午後6時に2in1Win商業登記システムのバージョンアップを開始します(Ver2018.0309.1800)。
最新のバージョンでは法人台帳に入力したフリガナを申請書に記載します。


【注意】

3月12日(月)以降のオンライン申請はバージョンアップが必須です。バージョンアップを行わないで申請をした場合,エラーとなることがあります。
(バージョンアップには年間保守に加入していることが必要です)

今回のバージョンアップでは,商業・法人登記手続の申請書様式の一部の更新を行うため,”バージョンアップ前の申請書を保存”していた場合において,当該申請書を用いて新たな申請をするときは,商業登記システムのバージョンアップを行った後に保存していた申請書について「オンライン申請」ボタンをクリックし,様式を最新化した上で上書き・送信してください。