地域後見システム

法人後見の業務を安全・確実・適切に管理する、
成年後見制度利用促進「中核機関」のためのシステムです。
日常生活自立支援事業のコスト削減を支援します!

後見等開始申立て(首長申立)

後見等開始申立てから審判に至る進捗状況把握が円滑化、親族調査・2親等親族図作成・申立費用の支出管理等の事務が管理できます。

首長申立の事務も円滑になります。

できること
現状の把握

申立てから審判まで進捗状況を確認。また、申立費用の出納から求償までの管理ができ、進捗状況も把握することができます。

簡単に親族図を作成

調査した親族の情報から、2親等の親族図を簡単に作成。

主な機能
後見等申立ての情報管理・検索・出力

申立人/診断書取得状況/後見人等候補者/申立日 等

申立費用の情報管理・検索・出力

会計年度/内容/金額/出納日/求償先/求償日 等

家裁に提出する親族図作成、親族調査の情報管理
導入効果
管理業務の円滑化

相談から申立てまで、データの一元管理でケースの共有が円滑化され、申立ての進捗把握をリアルタイムで把握できます。

後見等申立の登録

以下の後見等申立ての情報を入力し、検索する事ができます。

  • 申立人
  • 診断日
  • 後見人等候補者
  • 申立日
  • 本人調査日
  • 鑑定費用
  • 審判日

後見人等候補者の情報は、「後見人等データベース」を呼び出して入力も可能です。(直接入力も可能)また、管理・集計したい任意のデータも登録が可能です。

 
申立の検索

申立ての進捗状況をリアルタイムに検索することができます。首長申立一覧も簡単に作成することができます。また、あらかじめ集計表などをエクセルで用意しておく事で、実態の把握も簡単にすることができるようになります。