動産・債権譲渡システム

データのファイル読み込み・出力機能を備え、以前の登記を検索して、データを編集して、延長や抹消登記が簡単に行えます。

システム概要

登記の目的によって必須項目を表示

選択した登記の目的によって、必須項目の入力箇所の色が変わります。また、入力が違う場合にはメッセージが表示されます。

クリックで大きくなります
ExcelやCSVを取込

1件の登録につき、数十件、数百件のデータが存在する場合、ExcelまたはCSVファイルから簡単にインポートできます。同じ登記項目が多いときもラクラクです。また、2in1で入力したデータをExcelに出力することできます。

 
2in1winの他システムと連動

以前に行った登記について延長登記や抹消登記を行う場合、過去に入力した事件を検索して、いつでもコピー/編集でデータを有効にお使い頂くことができます。

申請データのチェックもボタン1つ

データを入力後、申請データ作成ボタン1つクリックするだけで、【法務省】申請人プログラムを起動し、2in1システムが自動でファイルを指定します。

 
登記の目的一覧
債権譲渡登記
債権譲渡登記・質権設定登記
債権譲渡延長登記(債権譲渡/質権設定)
債権譲渡抹消登記(債権譲渡/質権設定)
動産譲渡登記
登記事項証明書記
登記事項概要証明申請書記
概要記録事項証明申請書
出力書類
登記関連書類
申請書
委任状
取下書
特別事由証明書
証明書交付請求
登記事項証明書
登記事項概要証明申請書
概要記録事項証明申請書
契約書ひな型
債権譲渡担保契約書(個別債権)
債権譲渡担保契約書(集合債権)
動産譲渡担保契約書(個別債権)
動産譲渡担保契約書(集合債権)
事前提供方式に対応

平成26年6月2日(月)から、新たな登記申請の方式として、登記・供託オンライン申請システムを使用した「事前提供方式」が認められました。電磁的記録媒体に記録している情報等(以下「登記事項」といいます。)をオンラインで送信した上で、それ以外の情報については書面で提出するという方式です。この事前提供方式には,次のメリットがあります。

  1. 登記申請(登記申請書の提出)の前に、登記事項の形式エラーのチェック。
  2. 登記申請前に、登記事項について事前相談が可能。
  3. 登記所の処理状況をオンラインで把握することが可能ですので、登記手続の終了や登記番号を把握することが可能。
  4. オンラインを利用しますが、電子署名や電子証明書は不要。
事前提供データの作成・送信

動産・債権譲渡システムで入力した内容が、そのまま事前提供データ(ZIPファイル)に反映されます。

申請データ表示

クリックで大きくなります

作成済の申請データをExcelに出力できます。申請データの確認や依頼元への提出書類として利用できます。